空そば祭り

9月7日(土 )、8日 (日)の二日間。
岩見沢複合駅舎横の駅東市民広場において、第2回 空そば祭りが開催されています。
f13ea089deed8494cd600670a92b43f937282ba4.93.2.9.2

一日目の今日は非常に残念な天候でしたが、明日は何とか持って欲しいですね。

この空そば祭りがどれぐらい人気のイベントかというと、、

続きを読む 空そば祭り

岩見沢VS美唄 《とりめし対決編》

9月4日~の第一弾対決紹介の二品目です。

こちらは”とりめし対決”です。

P1030997

岩見沢側はNPO法人 薔薇香る癒しのまち岩見沢が販売している「キジ釜めし」です。そして美唄さんは「中村のとりめし炊き込みセット」であります。

なんと、価格差がキジ750円に対し、中村のとりめし炊き込みセット2,000円と大きく差がありますが、中村の炊き込みセットにはお米のななつぼしがセットになっています。ちなみに、オープン3日目、、高価ながらもすでにいくつか売れました!

岩見沢の「キジ釜めし」は何せキジ肉がゴロンゴロンしているダイナミックさ!調理はお米を炊くときにくわえるだけの簡単調理とは思えない本格派の味。

中村の炊き込みセットの方には大事なドラマがありました。画像をクリックして拡大してもらうと読めますが、スタッフ《kie》の解説文によると、「まだ米が貴重だった時代、遠くから来た客のもてなしや集落の祝い事がある時、唯一のご馳走として供されたのが「とりめし」。わずかな手持ちの米と、卵をとるために飼育していた鶏をしめて炊いた・・」

そう、、ここには開拓からの苦労の歴史がありました。

そんな「モノ」ではなく「コト」を感じながらお試しいただけると嬉しいです。

《スタッフH》

岩見沢VS美唄 《カレー対決編》

9月4日~しばらくの間販売させていただいております美唄市物産品との対決(?)販売でありますが、その種類を少しだけご紹介させていただきます。

まずはカレーから!!

P1030996

岩見沢はNPO法人 薔薇香る癒しのまち岩見沢が販売している「キジカレー」です。そして、美唄市は角屋さんがつくる「鳥モツカレー」です。

この対決は動画でもご覧いただけるのですが、スタッフの《Kie》がつくった説明文がなかなか「へぇー!」という気分に誘ってくれます。是非画像を拡大してご覧下さい。。

「なぜ岩見沢がキジなのか!」「そうか!美唄の鳥モツカレーは米粉の”まろっと”が本来の押しどころなのか!」などなど・・。秀逸なのはパッケージデザインだけじゃぁ無いんです!

さぁ、、このカレー対決も最終結果はどちらが売れるのか!!今はまだ微々たる差でありますが楽しみですね(笑)

《スタッフH》

iWAFO (イワホ)が出来るまで!

駅まるプロジェクト勝手に支援隊長の平野と申します。 これまでの《いわみざわ駅まる。》の活動の延長線上として、長年の悲願でありました駅舎内に活動拠点を!というステップが一つ叶いました。 その想いについては是非ともこちらごご覧下さい。http://hiranoyoshifumi.jp/blog/2013/09/03/1825 こちらでは、その店舗ができるまでのお話をご紹介させていただきます。 ↓ これが完成予想図であります。 イワホ画像 これをどうやって現地に再現したかというと・・・ 続きを読む iWAFO (イワホ)が出来るまで!

iWAFO店舗紹介

平成25年9月4日にオープンした岩見沢市観光物産拠点センター《iWAFO(イワホ)》です。場所は岩見沢複合駅舎1F-M’z駅ナカ店という書店の一角を間借りさせていただいております。 P1040023 ちなみにちょっとわかりにくい場所ではありますが、正面入り口を改札と反対方向 の札幌方面に向かうと・・・ P1040024 このような本屋さんの入り口がありますので、お気軽に中へお入り下さい。 このイワホは、一般社団法人 いわみざわ駅まるプロジェクトが、岩見沢市の受託を受け運営しております。
岩見沢市観光物産拠点センターiWAFO(イワホ) 岩見沢市有明町南1番地1(岩見沢複合駅舎1F 書店内) TEL0126-35-4136 FAX0126-35-4137 営業時間は午前9時~午後7時までとなっております。

岩見沢市観光物産拠点センター イワホ