岩見沢複合駅舎ガイド本完成

今朝の北海道新聞にも掲載されましたが、いよいよ岩見沢複合駅舎のガイド本。ゆあみくんのいわみざわ駅ガイド「ようこそ!僕たちの駅へ」が完成いたしました。

DSC_1207

原則、スタンプラリー参加者、駅舎ガイドツアー参加者に無料でお配りいたします。

続きを読む 岩見沢複合駅舎ガイド本完成

岩見沢レールセンターライトアップ準備中

JR北海道様、岩見沢レールセンター様のご協力をいただき、恒例となりました岩見沢レールセンターの壁面ライトアップの準備を行っています。

DSC_1204

南北自由通路の北昇降ができるまではこの周辺はJR用地のため立ち入り禁止区域でありました。そのため、実は岩見沢市民もこの建物が何であるのかを知っている人は意外と少ないのです。

これは西暦1899年に建てられたと言われるレンガづくりの建物で、ファサートにある五稜星のマークは札幌ビールや道庁赤レンガ、札幌時計台とも共通する北海道開拓史のシンボルと同じ流れを汲むものです。

しかし、星の真ん中に丸印がついていることから、これは北炭(北海道炭鉱鉄道株式会社)の社章であります。

北海道開拓史が官営幌内鉄道(小樽手宮-三笠幌内間)を敷いてまもなく、民間である北炭に払い下げを行いました。その後、鉄道国有法により、国鉄の所有に戻るのですが、その間少しの時期でありますが、北炭の本社が岩見沢にあったそうです。まさに北海道の鉄道の拠点が岩見沢であったことの証ではないでしょうか。

いずれにせよ、北海道開拓のころの記憶を背負う建物が、この岩見沢にもあるのだという事を多くの市民に知っていただきたくて、今年で4年目となるライトアップです。

是非、じっくりとご覧いただき、ノスタルジックな雰囲気に慕っていただけると幸いです。

*敷地はJR北海道の所有であり、施設は現役の工場であることから、敷地内への立ち入りは固く禁じられておりますのでご了承下さい。

《H》

手作りチラシ作成中

オープン特需(?)も一段落し、観光案内のお客様は予想以上に訪れていただけるものの、物産販売がちょっと落ち着き中。。

そこで、いよいよ駅を利用する通勤客の方々にも知ってもらう機会かな?ということで、新人スタッフKieが勤務終了後に気合いのニュースペーパーを作成。

えっ?これから??ということで、それを心配して集まってきた勝手に支援隊数名で、日付が変わるまで添削&折り込み作業。

DSC_1199

予定では本日の早朝に手配りしているはずですので、そのチラシを見てこのサイトを見てくださった方もいるかもしれません。

イワホは岩見沢観光案内、複合駅舎の魅力案内の他に、岩見沢の物産品、及び今回の企画では美唄の物産品等を取り扱っています。

駅舎1Fの本屋さんの一角を間借りして営業しておりますので、是非ともお気軽にお越し下さい。19時まで営業しておりますので、ご家族へのおやつのお土産なんかにもご利用いただけると幸いです。ちなみに、当然ですが各種案内パンフも取りそろえております。

雑談ついでに冷やかしでもお立寄りいただければ幸いです。


また、本日の正午には、私たち「いわみざわ駅まる。実行委員会」の3年後しの企画であります。純粋な岩見沢バンドの特別編成「ALL IWAMIZAWA」のPVが公開されます。

1年目となる2011年は「結成」&「曲披露」 
2年目となる昨年2012年は「レコーディング」
そして今年は「PVの制作」といよいよここまで来れました。

本日正午になったら、是非こちらのリンクをクリックしてください。
http://www.i.ekimaru.jp/

ストーリーは見ていただいてからのお楽しみでありますが、是非とも音楽の良さと、映像のストーリーをじっくりと味わっていただけたらと思います。

かなりの感動大作になっています。

《Y》

スウィーツ!!!!


おはようございます。
本日朝一番、岩見沢に通勤している方がイワホに立ち寄ってくださりました。「岩見沢はいろんなことをやっていて面白いまちですね。」と言っていただきました。
私も岩見沢に住んで10年。何もかもが温かくて、だいすきなまちです。


さてさて!本日はスウィーツの紹介!!!

スイーツ 

続きを読む スウィーツ!!!!

岩見沢市観光物産拠点センター イワホ